第1部 目 次

残日録 日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ 三屋清左衛門出自のこと 下敷き「長門守一件」のこと 右馬允 江戸幕府主導の偽作のこと 50を超す松平家のこと 代官の俸禄と勘定方のこと 信光に傚った弥三郎のこと 家督めぐる下克上のこと 大義名分と義理仁義のこと 念 …

第2部 目 次

この史譚は歴史的事実を踏まえつつ、推測と想像を交えて書いています。ご一緒に想像を膨らませながらお楽しみください。 清三郎 関ヶ原合戦のあとのこと 伏見と駿府の幕府のこと 泣き虫の寝小便垂れのこと 代官の子は代官のこと 市右衛門と長四郎のこと 長澤…

57.江戸に幕府を集約のこと

久能山から眺めた駿河湾 この史譚の第一部は松平念誓(清蔵親宅)の死去で終わった。今回は徳川初代将軍家康の死を扱うが、節目ではあっても部の変わり目にはならない。物語のうえで中心となるのは、家康より松平正綱になる。 元和2年(1616)4月17…

56.朝倉才三郎の跡式のこと

駿河臺:不二三十六景(廣重画) 駿府城を訪ねる前、圓一は家康付きの侍医片山宗哲から、「腹中の岩」について聞かされていた。ともに法印でもあり、宗哲にすれば惣検校と誼を通じておいて損はない。 ときおり鋭い痛みが走るのを大御所は ――真田の祟りじゃ。…

55.最後の懸案は大衆統治のこと

早雲寺:箱根町湯本(箱根ナビから) このとき家康が駿府城本丸の書院で惣検校圓一を迎えたのは、今川の質だったときの幼馴染と思い出話をするだけが目的だったわけではない。その一言が天下を左右することになる家康であればこそ、配下の本多正純や松平正綱…

54.大乗につきお目こぼしのこと

江戸時代の医師は法体が多かった 元和元年(1615)に時を戻す。 家康が駿府に戻ったのは8月の末である。 そのあとを追うように、当道座職の総検校伊豆圓一(土屋圓都)の一行が駿府にやってきた。総検校は10万石(一説には15万石とも)の大名と同格…

53.高井郡2万石の代官のこと

朝熊岳金剛證寺:三重観光開発のホームページから 土呂松平家から代官の職を引き継いだ念誓の弟親成(浄旦)の家は、隠居後に構えた館の場所にちなんで御馬家と称された。その地は右馬允家第2代の甚右衛門(親常)が居城(住居兼砦)としたところであって、…

52.清左衛門襲名と祝言のこと

家康が掲げた「欣求浄土」の旗:釘浦山大澤寺のホームページから 大阪の陣のあとのことである。 豊臣家(本稿の仮説では第1次吉利支丹一揆)を滅ぼして、自ら陣旗に掲げた「厭離穢土欣求浄土」と「元和」を達成したことに安心したわけではなかったろうけれ…

51.真田の姫の乱妨取りのこと

葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱:東慶寺(北鎌倉)蔵/重要文化財 大坂落城の余話である。 秀頼が自刃した5月8日の夕刻以後も、散発的な戦闘は続いていた。 徳川方の記録は ――豊臣の残党 というのだが、城主が自刃し多くの将が討ち死にしても、なおゲリラ戦が行われた…

50.秀頼の落人伝説のこと

真田の抜け穴:三光神社(大阪・玉造本町宰相山公園) 小田原城が降伏したとき、秀吉は家康以下の諸将を率いて城内に入って勝鬨をあげ、天守から城下を睥睨した。軍兵の解散と武装解除、事実上の当主北條氏政、全軍の指揮官氏照の自裁、城主氏直の退去という…

アクセスカウンター