2.右馬允

9.大義名分と義理仁義のこと

筆者から:この史譚は歴史的事実を踏まえつつ、推測と想像を交えて書いています。小説らしからぬ創作ですので、すべてを事実と誤解なきようにお願いします。 応仁の乱:真如堂縁起絵巻 松平郷の有徳人太郎左衛門の家に入った時宗の出家「徳阿弥」と岩津家初…

8.家督をめぐる下克上のこと

筆者から:この史譚は歴史的事実を踏まえつつ、推測と想像を交えて書いています。小説らしからぬ創作ですので、一緒に想像しながらお楽しみください。 松平郷園地(松平町)に建つ松平親氏の像 武家とは何であるか。 平たく言い換えれば、「武闘を生業とする…

7.信光に傚った弥三郎のこと

筆者から:この史譚は歴史的事実を踏まえつつ、推測と想像を交えて書いています。小説らしからぬ創作ですので、すべてを事実と誤解なきようにお願いします。 伝「松平宗忠公墓」(浄願寺) 寛永19年(1642)に行われた幕府勘定方の機構改革について、…

6.代官の俸禄と勘定方のこと

筆者から:この史譚は歴史的事実を踏まえつつ、推測と想像を交えて書いています。小説らしからぬ創作ですので、すべてを事実と誤解なきようにお願いします。 寛政重修諸家譜 松平清左衛門については、徳川将軍家の家臣について出自や来歴を記した『寛政重修…

5.50を超す松平家のこと

筆者から:この史譚は歴史的事実を踏まえつつ、推測と想像を交えて書いています。小説らしからぬ創作ですので、すべてを事実と誤解なきようにお願いします。 「松平氏発地跡」の碑(愛知県松平町) 信広と信光のどちらが兄、どちらが弟だったかはさておき、…

4.江戸幕府主導の偽作のこと

筆者から:この史譚は歴史的事実を踏まえつつ、推測と想像を交えて書いています。小説らしからぬ創作ですので、すべてを事実と誤解なきようにお願いします。 戸隠神社(長野県)の松柱神事 本稿の主題は幕府の代官として出羽國に派遣された松平清左衛門につ…

アクセスカウンター