8.清三郎

45.長澤松平家の騒動のこと

皆川広照の墓:栃木市金剛寺(「武将の銅像と墓参り」から) 松平清三郎は数え14歳の慶長13年(1608)に元服し、通り名を市右衛門と改め、諱は「親正」と定まった。一方の長四郎が元服したのは16歳の慶長16年(1611)で、このときの諱は「正…

44.市右衛門と長四郎のこと

日光の杉並木:travel.jp 所伝によると、大河内金兵衛(久綱)の長男長四郎が ――代官ではいやじゃ。 と言ったのは慶長6年(1601)のことだったという。 室町に幕府があったころ、大河内の家は三河吉良氏の被官で、そもそもは遠江国曳馬荘(浜松市)の代…

43.代官の子は代官のこと

松平忠輝像:貞松院(長野県諏訪市) 土呂陣屋を預かっていた念誓の長男清蔵(親重)は、実父の死を境に通り名を「清左衛門」に改めた。「清左衛門」は念誓も出家する直前、岡崎三郎(信康)の宿老に加えられたときに名乗っていたことがある。右馬允家当主の…

42.泣き虫の寝小便垂れのこと

剣術と槍術:天真正伝香取神刀流のYouTubeから 話を念誓の生前に戻す。 清三郎少年の家は公家でもなければ神官でもない。元は武家だが、現在は百姓である。しかし父親は土呂三八市評定衆の筆頭格であり、近在25村1万2千余石を差配する代官でもある。 か…

41.伏見と駿府の幕府のこと

安土桃山様式の装飾垂木:静岡浅間神社 前回に続いてで恐縮だが、教科書日本史は、慶長8年(1603)の2月に徳川家康が征夷大将軍に任じられたことを以って ――江戸に幕府が開かれました。 と書く。 日本史の時代区分は、世相状況を表す「戦国」時代を別…

40.関ヶ原合戦のあとのこと

関ヶ原合戦図屏風:関ケ原町歴史民俗資料館 関ヶ原合戦のあとのことに触れておきたい。 教科書日本史では ――関ヶ原の合戦で西軍が負けて、石田三成は三条河原で処刑されました。 ないし、 ――徳川家康が天下を握り、豊臣家は一大名の地位に陥落しました。 で…

アクセスカウンター